サービス概要画像

オール電化を比較

 「オール電化」という言葉がだいぶ身近になり、オール電化住宅用のエコキュートやIHクッキングヒーターも多くの人に知られるようになってきました。エコキュートは、ガス給湯器に代わる電気給湯機ですが、ガス給湯機と比較した場合の光熱費の差を示すときによく名前が登場します。ガス給湯機と比較すると、ガス給湯機は使うたびにお湯を沸かしますが、エコキュートは使うときにお湯を沸かすのではなく、電気料金の安い深夜電力などを利用してお湯を沸かし、タンクにためておきます。

 エコキュートをはじめとしてオール電化にすると、光熱費が安くなることが最大のメリットですが、床暖房やお風呂を例に、電気とガスを比較してみましょう。冬になると大活躍する床暖房も、オール電化とガスとの比較では暖め方に違いがあります。ガスの場合は一気に床全体を暖めますが、電気式の場合は床下に設置された発熱体の伝導熱と輻射熱を利用して暖めます。お風呂は、オール電化の場合、自動お湯はり、保温、差し湯、足し湯がフルオートで制御できます。もちろんガスでもこれらの制御はできますが、電気とガスで比較した場合、いちばん違うのが燃焼音の大きさです。オール電化なら深夜でもご近所に気を遣わずにお風呂に入れるようになりますね。

 また、地球温暖化防止という点で、そのエネルギー源を比較してみましょう。現在、私たちが使っている石油や石炭、天然ガスなどの「化石燃料」は、このまま使い続ければ、いつかは必ず枯渇してしまう限りある資源です。それに対し、太陽光、太陽熱、風力、水力、地熱などの「再生可能エネルギー」は、自然の中で発生する無限のエネルギーです。再生可能エネルギーを利用して動力エネルギーを作り出すときには、CO2がほとんど発生しないので、エコに役立つんですね。高効率の省エネ給湯機エコキュートに使われているヒートポンプ技術も、「再生可能エネルギー利用技術」として認められているほど有効な環境技術です。

 オール電化でエコキュート導入を考えた場合に気になるのが、修理などのメンテナンスにどのくらいお金かかるのか?ということだと思いますが、ガスを使い続ける場合と費用を比較してみましょう。エコキュートを電化製品と考え10年くらいでメンテナンスは出てくるものと想定します。初期設備投資や10年間の光熱費を試算すると、オール電化にした場合、光熱費がかなり割安になり、10年後には初期設備投資分は元が取れる計算に。メンテナンス費用も気になりますが、光熱費のランニングコストも含めた費用と比較計算するとよくわかりますね。