サービス概要画像

オール電化で節約

 キッチンからお風呂場、給湯、暖房にいたるまで、家の中で使用するすべてのエネルギー源を電気にする「オール電化」住宅は人気が高まっていますね。地球のも家計にもやさしいと評判なので、家計費の節約を考えている人に特におすすめしたいのが、このオール電化住宅です。意外に思うかもしれませんが、ガス給湯機やガスコンロなどとの併用住宅よりも、オール電化住宅にしたほうが光熱費が大幅にコストダウンでき、家のエネルギー、つまり光熱費の節約になるのです。

 では、オール電化のIHクッキングヒーター、電気温水機・エコキュート、さらに太陽光発電システムを導入した場合、光熱費はどれくらい節約できるのでしょうか?例えば、オール電化の高効率省エネ給湯機エコキュートは、空気の熱を上手に活用してお湯を作る仕組みですが、お湯を作る時に使う電気は、電気代が割安の深夜電力を使います。なので、給湯費用が節約でき、とっても経済的なんです。なぜなら、光熱費の大半は給湯に使われていて、家庭でのエネルギー消費の約3割を占めているからなんです。

 それと、光熱費がどのくらい節約できるかは、エコキュートの基本機能や、タンクの容量によって異なります。オール電化の導入を考えている人は、電気をどういうふうに使うと光熱費が節約できるのか、各電力会社の料金メニューを参考にして検討しておくことをおすすめします。

 また、家庭でのエネルギー消費の節約を考えるなら、電気とガスの併用というのも要チェックです。電気とガスを併用していると、どちらの料金にも使用量にかかわらず基本料金がかかります。オール電化にすれば、電気代だけの基本料金を支払えばいいので基本料金が節約できます。そのうえ、電気料金にオール電化割引という割引が利用できるので、さらに節約に。家族が多くて光熱費がかかリ過ぎているなぁ…というご家庭では、このオール電化のメリットを活用してエネルギー消費を節約したいですね。

 各電力会社では、オール電化向けの料金プランや、夜間の電気使用量の割合を高くすればするほど電気料金がお得になり、光熱費が節約できるメニューが用意されています。また、IHクッキングヒーターの使用で電気料金が割引になるメニューもあります。電気温水機・エコキュートなどの夜間蓄熱式機器を使用する場合には割安な深夜電力を使うのが基本。電気の使い方を工夫すれば、オール電化の光熱費はかなり節約できるんですね。

 全国の各電力会社では、電気料金メニューの特長や計算方法、停電時の対応、省エネルギーのコツ等も紹介しています。また、光熱費シミュレーションも行っています。オール電化で実際にどれだけ光熱費が節約できるのかがわかるので、ぜひ試算してみることをおすすめします。